教室「赤ちゃんパンダロボットをつくろう」を開催しました



5月26日(土)に,教室「赤ちゃんパンダロボットをつくろう」を開催しました。


講師は,元核融合科学研究所特別教授の山内健治さんをお迎えしました。
参加者は,合計12人でした。

最初に講師から,赤ちゃんパンダロボットなどモーターで動くいろいろなロボットについての説明があり,それから順次つくり始めました。

はじめに,モーターから出ている導線と電池ボックスの導線を繋ぎ,電池をセットしスイッチをオンにするとモーターが正常に動くことを確認しました。

次に,パンダらしくなるように,黒く薄いウレタンを前足と後ろ足の形にはさみで切り取り,ホットボンドで白いウレタンの胴体に付けました。それから、白いウレタンの頭には黒いウレタンからかたどった目と鼻と耳をホットボンドで付けました。

最後に,頭と胴体を金属片で結合させパンダが完成しました。その後,スイッチを入れるとノッシノッシと歩く赤ちゃんパンダに,「かわいい。」と感嘆の声をあげていました。

導線つなぎと黒ウレタンのカット.jpg
導線つなぎと黒ウレタンのカット
ホットボンドによる作業.jpg
ホットボンドによる作業

掲載(最終更新 : 2018年5月31日)

中津川市子ども科学館
〒508-0011 岐阜県中津川市駒場1657-1 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-9090 ファックス 0573-66-9171