過去と現代の乗り物比較展



過去の乗り物(北恵那鉄道のジオラマ)

北恵那鉄道ジオラマ1
北恵那鉄道ジオラマ2

かつて日本一遅い電車といわれ,中津町と下付知の間22.1kmを走行していた北恵那鉄道のジオラマ,北恵那電車の写真,当時の切符,レールなどを展示しています。また,実際に北恵那電車も走らせることができます。

北恵那鉄道は,1922年2月15日(大正11年)に福沢桃介氏ら9名によって北恵那鉄道株式会社として設立されました。その後,1924年8月5日(大正13年)に,中津町と下付知で営業を開始しました。それから54年後の1987年9月18日(昭和53年)に,「さよなら列車」を運転し,鉄道業が廃止されました。


現代の乗り物(リニアモーターカーの模型)

リニアモーターカー模型
リニアモーターカー模型(アップ)

2027年開業予定のリニア中央新幹線のように,浮上して走行するリニアモーターカーを展示しています。また,リニアモーターカーが走る様子を見ることができます。

実際のリニア中央新幹線は,高速輸送を目的にしているため,直線的なルートで,最高設定速度505km/hの最高走行が可能な超電導磁気浮上式リニアモーターカー「超電導リニア」により建設されました。完成後は東京(品川駅)と名古屋駅間を40分で結ぶ予定です。


掲載(最終更新 : 2020年5月12日)

中津川市子ども科学館
〒508-0011 岐阜県中津川市駒場1657-1 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-9090 ファックス 0573-66-9171