中津川デジタル産業企画展


 開催日
2020年11月20日(金) ~ 2021年3月31日(水)
 時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)


中津川市内の各企業の魅了を,体験イベントなどを通して実演・体験することで,子ども達及び市民の皆様に伝える企画展です。


出展企業

株式会社中央物産,株式会社宝生早川写真館,トーキン工業株式会社,新和工業株式会社,株式会社サラダコスモ,アルバムづくり宝物づくり(紙加工業),株式会社吉川工務店,日本セキソー株式会社,鈴木工業株式会社,株式会社エヌ・エスピー,マルヤマグループ,有限会社たけかわ企画,鷹見会計事務所,株式会社トライ,興進工業株式会社,有限会社タケイ電器,株式会社メディアグループ東海事業所,東海業務ソフト株式会社,ワイ・ケー・ピー工業株式会社

特別展示「災害時・火災時に室内から開けられる格子柵」(2020世界青少年発明工夫展銀賞作品)

発明工夫展1(HP).jpg
発明工夫展2(HP).jpg

作品の説明

2019年7月京都アニメーションの火災から発想。逃げたくても窓に柵があり中から自力で脱出することができず,近くにいた方たちによりバールでこじ開けてもらい助けられた新聞記事を見て,「何故,防犯用で命を守るためにつけられたはずのものが,逆に命を奪うものに変わってしまう作りになっているのだろう」と疑問に思い非常時に中から開けられることができる窓の柵を考案した。

防犯性と安全性を変え備え,力の弱いお年寄りでも簡単に操作できるものになっている。

この構造が全国に広がれば助かる命が必ずあると考えている。

作品制作者:中津川市立坂本中学校2年 稲垣 龍樹君


掲載(最終更新 : 2020年11月22日)